Home > 準備編 > 部屋探しは早めに行う

部屋探しは早めに行う

部屋探しは早めに行う

進学や就職などで部屋を借りる必要があることが前もって分かてる場合、自分が理想とする部屋を借りれる可能性を 高めるために、なるべく早く部屋探しに関する情報を集めましょう。

インターネットの情報をフル活用し、住みたいと思うエリアの交通の便がいいか、 近隣に店がたくさんあるかなどを入念に調べます。

もし良さげな物件を見つけたら、その物件を担当してる不動産会社に電話し、その物件の 空き状況を聞いてみましょう。

もし入居者がいれば他を探すという行動にすぐ移れますし、仮に入居者がいても、近々退去するようならその 情報を教えてくれるかもしれません。

注意点としては、今現在一人暮らしをしている人で、どこかの部屋に引っ越す場合、いい物件を見つけ次第、 すぐに元の部屋を引き払えないことです。

契約期間中に部屋を出る場合、やはり一ヶ月前にはその旨を不動産屋に伝えなければいけないことが多いので、 その辺りの事情を考え、時期を逆算して部屋探しをしていきましょう。

ほかに気をつけることは、前の賃貸者が退去してからすぐに、その部屋には入居できないことです。

前の人が退去し、業者による部屋の掃除、もし必要なら補修作業などが行われた後にやっと入居できることになります。

部屋を借り、実際に住むまでに、今いったようなことをクリアする必要があり、けっこう大変です。

なるべく早く動き出し、気持ちよく入居できるといいですね。

ページ上部に戻る