Home > 賃貸編 > 住まいのエリアを決める

住まいのエリアを決める

実際に生活する部屋を決めるとき、一番重要視しなければならないことは、そのエリアから学校・会社まで どれぐらいの時間で通えるのかです。

5分、10分で着きたい人もいれば、1時間以上かかっても気にしない人など様々ですが、どうせ部屋を借りるなら 自分の目的地にできるだけ近く、しかも部屋の近状に店がたくさんある所に住みたいでしょう。

そこでまず、部屋から目的地まで何分以内までなら自分が許容できるのかを考え、次にその時間以内で通える エリアを絞り、そのエリア内にある空き物件を候補にします。

徒歩、自転車、車で目的地に行く人だと物件の候補を絞るのはたやすいですが、バスや電車といった交通機関を 利用する場合には、少し注意が必要です。

なぜなら直線距離としてはあまり遠くなくても、交通機関の本数が少ないとか、乗り合わせの接続環境が悪いと 物理的な距離以上に時間がかかってしまうからです。


交通機関を使うなら、本数と接続状況の確認は大切です。

生活エリア〜目的地までの時間距離を満たすエリアをいくつか見つけたら、次は部屋周辺に大型スーパーや 大きめのショッピングモールがあるかのチェックもしときましょう。

いくら学校・会社に近くても、日々の買い出しに時間がかかっては本末転倒です。

そこまで規模は大きくなくてもいいのですが、食料品、生活用品全般、ブックストア、娯楽施設、服屋などが集まった ショッピングモールが近くにあればベストです。

仮になくても、近くにそれらの店が単体であるような立地なら十分合格です。

ページ上部に戻る