Home > 準備編 > 最低2ヶ月分の生活費を用意する

最低2ヶ月分の生活費を用意する

生活費

一人暮らしするとなったとき、始めに大家に払う礼金・敷金(保証金とも呼ぶ)、家賃、生活費など が必要となります。

礼金・敷金・家賃は賃貸する部屋によって違いますし、生活費も人それぞれなので「これだけあればいい」とは 一概には言えませんが、最低でも2ヶ月はお金に困らない程度の蓄えが必要です。

なぜなら、もし就職で一人暮らしする人の場合で、給料が振込まれるのが翌々月の末の場合、お金を 手に出来るのに長いと2ヶ月かかるからです。

そこで何かの物件をレンタルした場合、礼金や生活費などがどれぐらいかかりそうかを考えてみました。

入居月

・家賃など

・生活用品、電化製品(中古)

・食費・ケータイ代・衣服費・交際費

入居月は合計38.8万円のお金がかかります。

入居2ヶ月目からの一ヶ月は、家賃・食費・ケータイ代・衣服費・交際費の合計費用がかかるので、9.8万円が必要です。

つまり、一人ぐらしをはじめるには、最低でも50万円近くのお金を用意しておく必要があります。

もちろん親からの仕送りがある人や、元から電化製品を持ってる人だと最低金額はもっと低くなりますが、 それでも30万円程度の余裕は欲しいところです。

ページ上部に戻る